スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春だよ 花咲きはじめるぞ

2010年03月29日 19:23

神様に喜んでもらう事をしよう。

咲き誇る桜の花の下で、神秘的な滝の渓谷で、大きな石の前で、の中で、で、で、、、

その昔、人々は踊りを踊ったり、歌を歌ったり、楽器を演奏したり、、

そして、神楽のような芸能が次々と生まれました。

自然界と繋がって生活していた私達のご先祖様建は、自然の脅威や恩恵や美しさ、日々の暮らしの中に様々な神様や精霊達を見ていたことでしょう。

現代の文明がもたらされ、祭は土や森から離れ、コンクリートに囲まれたアスファルトの上で行われるようになりました。

私達は「神様だの精霊だのそんな事は昔話で、怪しい宗教まがいの妄想であり、我々はもっと常識的な考え方をしっかりとしていくのだ」と考えるようになりました。

しかし、私達は神社で今もなお、手を合わせます。お寺にも行きます。森や海に行ってすがすがしい気分になったり、、。縁起というものを結構気にします。お墓参りもします。盆踊りも踊る。

目に見えない自然界の力や、人々のご縁の有難さなど、、、現在も私達はその感覚を失わずに持っているのでしょう。

このような話題は、西洋文明を取り入れ近代化を進めたこの100数十年の間には「不向きな考え方」「時代遅れ」「恥ずかしいもの」とされてきた事もあります。そして、そんな事を言う者は「怪しい宗教」の信者であると言うような考え方もあったかもしれません。

何千年の歴史の果て、わずか100数十年の間の変化です。

しかし、これは決して「怪しい宗教の話」ではなく、生物が地球上で生きていくために本来大事な事なのではないでしょうか。

現代文明を発明し発展させた西洋の国々の人々の方が,むしろ、日本人独特の「自然と共存する感覚」や昔ながらの文化に憧れるという事がますます増えているのではないかと思います。

津軽はそんな文化の宝庫であり、REN には様々な神様や精霊たちが今年も遊びに来ることでしょう。


津軽の春もすぐそこまで来ています。 

雪解けるぞ 花咲き始めるぞ




下田


スポンサーサイト

明けましておめでとうございます

2010年01月11日 13:26

明けましておめでとうございます。

任期あとわずか、2009年度副会長の「職権乱用」でちょいとお邪魔します。


皆様の日々の鍛錬の様子、誠に尊いものと常日頃拝見いたしております。息・呼吸と言うもの、やはり指先の技術より大切な事かもしれません。

さて、私にとっての笛(古典・囃子)は「古来から受け継がれた呪力を発揮する魔法の道具」というような存在です。

「お祭」と「イベント」の違いは何か? その場所に、精霊や神様達が遊びに来ているかどうか、私はそう感じてなりません。

精霊や、神様達に来てもらって「ああ面白かった」と楽しんでもらう。そういう居心地の良い異次元空間を作り出すために、楽器や掛け声、歌、踊りなどで空間を震わせ、波動を広げている。そのために「音の出る、魔法の道具」を使うわけです。

神様と言っても様々な性格や存在の方々がいらっしゃることでしょう。精霊や神様達が「楽しかったなぁ、よきかな、よきかな」と喜ぶような空間や時間を過ごすという事は、私たちの心や精神も解けて、喜んでいるわけです。地位や名誉や、優劣や勝ち負けではない「精霊たちの喜ぶもの」。

神様達がどうやったら楽しんで帰っていくか。そのために、自分なりに良い響きやスペシャルな技などを編み出していくのではないでしょうか。

常に苦虫をつぶしたような心持ちでは、神様達は「なんかシケてんの」「つまんね~」といって相手にしてくれません。

江戸時代までの虚無僧尺八など、昔の日本には「内側に向けての音楽」もありました。津軽の錦風流尺八や神事の笛など、人に聴かせる事が第一の目的ではない音楽、自分の内面の存在や、精霊や、神様達と遊ぶための音楽。そんな世界は、明治以降の日本で科学的、都市的な進展を遂げる中、忘れ去られてきたのではないでしょうか。

自然界の神様や精霊たちが喜ぶと言う事は、「ロボットではなく自然界の生き物」である私たち人間の心も喜んでいるわけです。

酔っ払い親父がうれしそうに、楽しそうに踊りだす。そうさせている時の心の状態が一つの現れのような気がします。

自分の心が解けて喜ばずしては、神様達も楽しくない。太古の昔。楽器は皆、精霊や神様達と繋がっていたのではないでしょうか。

高度経済成長、バブル絶頂、やりたい放題楽しみましたが、人々の心は疲弊してしまいました。人間が科学を駆使して作り出した現在のテクノロジー三昧な生活の中「忘れてしまった世界」。明治より百数十年の間、置き忘れてきた世界がやはり必要とされ始めてきているように思います。

素晴らしい事に、私たち「お祭り人」は楽器や唄、踊り、山車を作るなどして、その異次元への入り口を開く力を身に着けているわけです。

祭りの場において、祭り囃子が完全に現代的な音楽となり、社会の通信簿をつけられる存在になってしまったら「人間だけのイベント」になってしまう。

それはもしかしたら、資本主義社会の中に組み込まれてきた世界中の民俗音楽や芸能が一度は直面した問題かもしれません。

2010年。漣は神様や精霊たちも「なんか楽しそうだなぁ」と思わず集まってくるような場所であってほしいと願います。

漣會 APPLE WAVE

2009年09月16日 22:45

Apple Wave 
       78.8Mhz 出演

全国の漣フリークの皆様・・・
HIROSAKI APPLE WAVE ききましたか?
どうですか?楽しんでいただけましたか?

そうなんです!漣會とは・・そんな會なんです。
なんといっても・・即席演奏!
ききたいですねえ!と言われれば・・・ハイ!
よろこんで~ やらせて頂きます。

そんなノリの漣會!
今後とも宜しくお願いいたします。

コメントに・・感想まっております。

Good Luck ! !

五所川原 囃子方 漣會 

2009漣ねぷた 送絵紹介

2009年09月11日 08:00

2009漣會ねぷた
みおくり絵を紹介しちゃいます

今年初出陣いたしました「漣ねぷた」の・・・
みおくり絵を紹介しちゃいましょう。
制作者は・・・・・
当會副会長の下田雄次さん
でございます。
タイトルは「清十郎の妻」です。
IMG_0179777.jpg
ねぶたが「剣聖武蔵」なので、武蔵にちなんだ題材となりました。
素晴らしい絵です。
早速、ヤフオクに出品しなくては。
IMG_0180777.jpg
下田雄次さんありがとうございました。
何卒・・・・来年も是非お願いいたします。

五所川原 囃子方 漣會

2009漣會ブログ打ち上げ会

2009年09月11日 07:08

2009漣會ブログ打ち上げ会
2009五所川原立佞武多祭をふりかえって・・・・!!

2009漣會の夏を写真で振り返りながら紹介する・・・
この企画は、名付けて「ブログ打上会」と称して、
笑いあり・・・と言っても一人笑いになるので
周辺の目に注意!さらに興奮あり・・・
の宴をこの場にて開催します。
皆さんは、好きなを片手にクリック・・よろしく。
飲み過ぎるなよ・・・・。
意味わかるかな~!まあいいでしょう!
さあ・・準備はいいかあ!では始めましょう・・!
IMG_0075777.jpg
IMG_0060777.jpg
☆今年出陣した「漣ねぷた」剣聖武蔵・・・!
いいねえ誰も文句はいえねえ・・
超すばらしいねぷたです。制作者に感謝です。
ありがと~う!
来年も是非お頼み申し上げますm(_ _)m
IMG_0081777.jpg
☆今年制作の3連太鼓台 戦国仕上?
これ最高でしょ!ご尽力頂いた「鉄さん」!Thanks!
IMG_0052777.jpg
☆暗闇に浮かぶ武蔵 
IMG_0142777.jpg
☆小屋からスタート場所まで運べ~!!
IMG_0146777.jpg
☆無事到着です。笑顔100点!(@_@)
いよいよスタート待ち!まちきれず・・
やってしまいました漣囃子!

ん~きかせるねえ!夏だね~!
よっ
応援してるぜ!

IMG_0154777.jpg
☆当會の義人くん・・・清彦さん・・・
気合い入ってきた様子!ここで1枚・・。
IMG_0150777.jpg
☆わすれちゃいけねえ「ひろ」も登場だあ・・777VVV!
IMG_0080777.jpg
☆その時・・「つる」はまだ小屋で一杯中!
IMG_0152777.jpg
☆「かねさん」もばっちり男前
さあ後半戦だあ~
まだまだ2009漣會メンバーは登場する。

IMG_0148777.jpg
☆漣會会長「しげさん」も笑顔で・・・
IMG_0137777.jpg
☆「おが」そこ・・・どこ??半纏どうした?
おが~どこだあ!探せ!見つかりませんでした??
IMG_0157777.jpg
☆漣會会長「しげ」さんの気合いの闘魂注入により・・
いざ出陣・・・・・・・・!
ノリノリの一夜でした!
暗闇からは、当會拡声器の魔術師「かん」の声が・・・
いいど・・・!
かんちゃん・・やってまれ~!(^_^)/
まだまだ実は紹介したいが・・・
ブログマスターが酔ってきた・・・
参加されたみなさん「おつかれさまでした!」
2009漣空間はいかがでしたか?
来年もまた漣ねぷたであいましょう!
みんな最高でした!感動でした!
ブログで紹介できなかったみんな!
すまん!次々紹介していきます。
期待して良し・・・です。


漣會会長より一言・・・
今年は、お囃子団体から・・
ねぷた団体に変更となりましたが・・
前回(昨年)以上に・・
漣はパワーアップする事ができました。
漣会員そして漣を支えてくれる・・
全国の漣フリークの皆さんのおかげです。
来年度も、2009同様に宜しくお願いいたします。
期待を背負い・・漣會は躍進し続けます!
また全国各地に出没いたします。

今後とも特段の応援宜しくお願いいたします。

                        工藤茂樹

五所川原 囃子方 漣會


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。